April 11, 2008

僕とゲームと人となり。


どうも、サイボーグ忍者です!(相変わらず腹立ちますね!)

部下も向こうで愚痴を言っています。もう最近はベガス2しか遊んでない。この世のビデオゲームはベガス2さえあればそれで良いと言える程、ベガス2しか遊んでいない。ところで僕がこのサイトでゲームの事しか書かなくなって、レビューばっかりで自己紹介的な人となりを書いたことが無いなあと思ったので、衝動的に書いてみる。でもゲームの事しか書かない。

説きにトライアルの人は、ゲームを棚に仕舞う時、どのような順番で並べているのですか?とは誰にも聞かれた事はありませんが、謹んでお応えいたします。

僕がゲームを棚にしまう順番はズバリ、パブリッシャー別に並べています。今棚に上げているのはXBOXとXBOX360のソフトがメインですが、順にマイクロソフト、EA、アクティビジョン、UBI、2K、その他。日本のパブリッシャーはカプコン、セガ、テクモ、その他の順です。つうか和ゲー少ねえ。

基本的に自分はコレクターでは無いと思っているので、僕自身が遊び込んだゲーム、思い出に残ったゲームしか所持していないつもりです。ドリームキャスト以前のハードのゲームも今では全て処分してしまいました。

ちなみに一番好きなパブリッシャーはUBIで、所持本数も一番多いです。(殆どトムクランシーシリーズです!)PS2とキューブのゲームも入れたらカプコンが圧倒的に多い。

ちなみに好きなデベロッパーを3つ挙げると、UBIモントリオール、VALVE、RAREの3つ。日本のメーカーではカプコンと任天堂が好きです。

そもそも僕が洋ゲーに興味を持ったきっかけについては、やっぱりRAREの影響が大きいです。スーファミの「スーパードンキーコング」もそうですが、ロクヨンの「ブラストドーザー」「ゴールデンアイ」「バンジョーカズーイ」などなど、当時の海外デベロッパーとしてはズバ抜けて斬新でクオリティの高いゲームを作っていました。もちろん今のRAREも大好きです。

僕はPCのゲームは殆ど遊ばないので、(MACユーザーなので遊ぶゲームが無かった)僕がFPSを好きになったきっかけも、ロクヨンの「ゴールデンアイ」「パーフェクトダーク」や「テュロック」の影響が大きいです。

僕が初めて買った海外版のゲームはSNES版の「アースワームジム」なんですが、学生だった当時、ふと訪れた秋葉原で発見したカオス館という今もある海外版専門店でこのゲームの映像が流されていて、それを見た時の衝撃は今も忘れられません。あと「モータルコンバット」や「ワイプアウト」あたりにも影響を受けているかな。

海外版のタイトルを入手する際、お店や手段はイロイロありますが、個人的にオススメなお店をいくつか挙げたいと思います。

旧作タイトルでしたら僕はeBayを利用しています。eBayはクレジットカードさえ持っていれば、やり取りに英語力はあまり必要ないので、それ程敷居は高くないんです。送料はまちまちでそれなりにかかりますが、欲しいものはまず見つかるし、何よりも商品の値段が圧倒的に安いです。ただ中古に関しては要注意。状態を気にする方は中古には手を出さないほうが無難です。

新作タイトルについてもeBayを利用していましたが、最近、今後はGSOを利用する事に決めました。とにかくここは安い、早い、そして何よりも良心的なお店です。店長さんのブログでもその人柄が伺えます。

ぶらり立ち寄るならTRADERかな。新宿と秋葉原にあります。XBOXの中古が充実している数少ないお店です。新宿のお店は仕事帰りによく立ち寄っていました。

海外版のゲームをよく買う人なら知ってると思いますが、秋葉原にはこのTRADERとカオス館、ゲームハリウッドという有名な海外版専門ショップが極近くに密集していて、洋ゲー魔のトライアングルを形成しています。

最後に僕のゲーマー人生を決定付けた3本のゲームを挙げたいと思います。それは「グラディウス」「スーパーマリオブラザーズ」「バーチャファイター」の3本です。

特に十代半ばから後半、ゲームに対して全く関心の無い人生を送っていた僕を再びゲームに呼び戻した「バーチャファイター」の影響は途轍も無く大きいです。あと僕が音楽を好きになったきっかけってよくよく考えてみると「グラディウス」の影響かもしれない。

そんなところです。長々とお付き合いありがとうございました。

投稿者 kojipe : 10:26 PM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/260
コメント
コメントする