February 20, 2008

ノーモア★ヒーローズ


今年はWiiのゲームで遊ぶのだ。

SUDA-51氏の前作、「キラー7」は、「俺様のコノ素敵センスに慣れろ!」的な世界観とインターフェイスの傲慢さが鼻について直ぐに投げ出してしまったのですが、これは良い。基本的にGTA系ですが、キャラが魅力的で箱庭やミッションもコンパクトでなので非常に入りやすくハマれます。Wiiリモコンを無理に使わせず、トドメやプロレス技等のアクセント程度の使用に留めているのも良い。

GTA等と比べるとミッションが単調と賛否の分かれる本作ですが、同じ様なおつかいが多くても、ボス戦主体で、脇道はこのぐらいあっさりカジュアルな方が、ストーリーの流れとこの独特な世界観を満喫出来て、個人的には好みです。

ズバリ言ってしまうと、「アサシン クリード」的な相変わらずさ。ストーリー展開やビックリ設定で面食らうトコも共通点がある。

箱庭もコンパクトで密度もそれほど高くないので、GTA系ではありつつも、割とサクサク進みます。

キャラのディテイルが丁寧に作り込んであり、ビジュアルも刺激的で脚本も凝っていて、常に楽しいゲームプレイ。ダークやゴアに一切頼らない垢抜けた世界観に盛り込まれた豪快なバイオレンスも新鮮で、アクションもイチイチ楽しい。

熱血で漫画的な野郎キャラに対して、やたらリアリスティックで綺麗なおねいさん系キャラも良い。垢抜けた「デビルメイクライ」的な感じで。多分意識してると思う。

萌えるソソるは別にして、特に女性キャラが強く、印象的に描かれていて素敵。

うーん、でも惜しいかな。バトルがえらく面白いだけに、GTA系じゃなくてリニアでガンガン畳み掛ける構成だったら名作になれたかも。とにかく移動とバイトがウザい。グラフィックがショボ目で箱庭を流す気持ち良さもあまり無いので、バトルが無い時はえらく退屈で作業的です。

丁度「ニードフォースピード モストウォンテッド」と同じ流れで、殺し屋ランキングを勝ち上がっていくのですが、ランカーに挑戦する為にも、何をするにもお金が必要なゲームなので、この作業のせいで間延びしてしまった印象が。

しかしWiiのバトルアクションとしては最高のオモシロさ。ゼルダより良く出来てると思う。とにかく気持ち良い。さりげなく直感的な動きでもしっかり反応するレスポンスの良さ。リモコンを上に傾けていると上段攻撃、下向きだと下段攻撃、アイコンが出たらその方向にリモコンを振り抜くとトドメ。リモコンをぐるぐる回して鍔迫り合いとか。

どこもかしこも折角だからリモコン振れば刀振るとかが主流になってる中、あくまでも基本攻撃はボタンというのがわかりやすい。オールドスタイルなゲームにWiiリモコンの楽しさを盛り込んだ素晴らしいお手本だと思います。

プロレスとアニオタで、剣術を学んだのが通信教育だったり、ランク1位になる目的が依頼人のおねいさんにエッチさせてもらう為だったり、アホでスケベなのにやたらと強い主人公にも愛着が持てます。

トイレでウンコしてセーブってのも面白いですね。ボス戦の前に必ずトイレがあるのもやけにしっくりくる。

キャラとバトルが本当に良く出来ていて面白く、世界観やインターフェイス、膨大な小ネタのイチイチが素敵なだけに、テクスチャのショボさというか手抜き感だけが本当に惜しい。僕が360のゲームばかり遊んでるから?たぶんGTA3よりショボい。ドリームキャストでも作れるんじゃないか?

でもこのゲーム、絵で大分損してるなあと最初は思ったけど、この鮮やかな青空に煤けた背景のビジュアルがだんだん好きになってくる不思議。あえてGTAテイストの荒いビジュアルに似せた世界観に、独自の視点を盛り込んで味を出す作りをしている気もします。

個人的にはかなり愛すべき一品。荒削りでトンガってるけど、人物とディテイルに愛の溢れているこういう作品は大好き。

「NO MORE HEROES」:★★★★☆
→公式サイト

投稿者 kojipe : 04:14 PM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/246
コメント
コメントする