January 26, 2008

「グラディウス」シリーズまとめ。


いつまで経っても変わらないこんなTOPデザインのサイトをやっている以上、グラディウスについてはいつかまとめたいと思っていましたが、今更批評的なことや個人的な思い出話をしてもつまらないと思うので、2008年の今現在このシリーズを遊ぶとしたらどのバージョンが一番手軽でオススメかを綴りたいと思います。

「グラディウス」:バーチャルコンソールのPCエンジン版
ほとんど一緒。PS1版の方が移植度が高いけど、インスコして手軽に遊べるのでコッチ。

「沙羅曼蛇」「ライフフォース」:PS1のデラックスパック版
デストロイゼモー!ペケラッポーヘッサポー!今の僕の人生を決定付けた衝撃的な一作。当時小学生の自分にはそれ程のインパクトがあった。ビジュアルショック!サウンドショック!FM音源ショック!でもPCエンジン版はなぜかその場復帰ではなくチェックポイント仕様になっていてかなり難しくなっているのと喋らないのが痛い。

「グラディウス2」:PSP版の全集に入っているらしい
MSXで出ていたやつ。動画あった。今観ると曲で泣ける。周りにMSXを持っているお友達がいなかったので、「Beep」とかの雑誌の情報と、サントラだけ入手して(付録のソノシートだったかも?)それを延々と聴いていた思い出が。PSPでリメイクされているらしいので遊んでみたい。

「グラディウスII」:バーチャルコンソールのPCエンジン版
名実共に最高傑作。PS1版は完全移植だけどPS2で遊ぶとクリティカルなバグがあるのでNG。このCD-ROM2版はCDから直接音源を流していてサウンドも完璧。バーチャルコンソールということで読み込みも無いのでかなりオススメ。MSX版グラ2の1面みたいなステージがオマケで入ってたけど曲が違くてショック。ちょくちょく遊びます。

「グラディウスIII」:バーチャルコンソールのスーファミ版
オリジナルのアーケード版は難しすぎて嫌い。完全移植にこだわるならPS2版を。削られた箇所は多いけど、絶妙なアレンジとチューニングがされたスーパーファミコン版が遊んでいて純粋に面白い。個人的にシリーズで一番好きなバージョンかもしれません。音楽も一番素敵。グラ1とサラと今作は音楽が同じ人。サラ当時まではバイトの音大生で一旦堅気に就職した後コナミに引き抜かれたらしい。これもいまだによく遊びます。

「グラディウス外伝」:PS1版
ここらへんから曲のテイストが変わってしまいつまらなくなった。PSPでアッパーバージョンが出ていますがチマチマした避けが必要なこのゲームはやっぱりテレビで遊びたい。アーケードで出ていないし外伝と銘打っているけども、IIIやIVよりもアイデアに富んでいて完成度は高いと思う。難しいけど。

「沙羅曼蛇2」:PS1のデラックスパック版
「グラディウスIV」:PS2版
上記二作に関しては知る必要無いと思います。過去の遺産に依存した90年代コナミの汚点。

「グラディウスV」:PS2版
出たときは大興奮で実際面白いんだけど、やっぱ横スクロールの「斑鳩」としか思えないんだよなあ。今ではほとんど遊びません。


結局思い出話!今現在手軽に遊ぶとしたらということでセガサターン版は省きました。バーチャルコンソールでセガサターン版が復活する時が来たとしたら断然ソッチ。あと「パロディウス」シリーズはあまり好きではないので省きます。よく知らないんだけどPS3ってPS1のゲームをインストールして遊べるの?だったらソッチだけど、個人的にはWiiさえあれば十分このシリーズを楽しめる思います。

でもコレ見ると僕にとってやっぱりWiiは「グラディウス」と「R-TYPE」シリーズを嗜むハードだなあと思ってしまいます。この手のレトロゲーはインストールしてあるととても手軽に楽しめて素敵。

投稿者 kojipe : 08:39 PM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/236
コメント
コメントする