December 29, 2007

コール オブ デューティ 4 モダン・ウォーフェア


ローカライズが不安でしたが、結局日本版を買いました。XBOX360版。

今作は評価の高い1、2作目を製作したInfinity Wardが担当しています。(コンソール版の1作目、ファイネストアワーと、PS2版の2作目、ビッグレッドワンは別のゲームなので注意)シリーズや機種ごとにデベロッパーの異なるややこしいフランチャイズですが、システムやレベルデザインに、今シリーズだけでなく昨今のFPS全体の基盤になるような要素を盛り込み、「メダルオブオナー」シリーズの牙城を崩すべく今シリーズを立ち上げたInfinity Ward製作の1、2作目と今作が、評価や人気もずば抜けて高く、実質的にこのシリーズの本流と考えて良いかと存じます。

2作目は初めて遊んだ第二次大戦モノのFPSだったのですが、その戦場の臨場感とゲームのテンションが半端でなく、全く止め時のわからない熱中度とレベルデザインの素晴らしさもあり、休日に20時間ぐらいほぼぶっ続けで遊んだ事もありました。逆に言えるのはそれ程遊んでも疲れないゲームの出来の良さと中毒性。

だから2作目を遊び終わった時にはもうおなかいっぱいで、もうこのシリーズと第二次大戦モノは一生遊びたくないと思っていました。なので他社製作の3作目は自然とスルーしていたのですが、しかしこの4作目、舞台が第二次大戦から対テロの現代戦に大胆なシフト。そして本家Infinity Wardが満を持しての製作ともあり、我思考を介さず購入を決意。

このゲームの醍醐味といえば、臨場感溢れる戦場の恐ろしさと弾丸1発の痛さ、そして大胆なレベルデザインによる豪快でテンションの高い場面展開にあると思います。FPSとしての完成度と遊びやすさは間違いなく世界標準のトップクラス。

難易度を最高のベテランにすると、たった2,3発の被弾で死んでしまうのですが、逆にそれが痛みと恐怖を増幅して、ゲームプレイのテンションも跳ね上がります。チェックポイントが非常にこまめで、リトライのロード待ちも全く無いゲームなので、難しくはありつつもストレスは全く感じさせません。

逆に難易度イージーやノーマルで遊ぶと、自分がえらく撃たれ強いので、恐怖感も少なくサクサク進みすぎてあっという間に終わりそう。オフ専で遊ぶ人には物足りないかもしれません。内容の密度は滅茶苦茶濃いですが。なのでどうせやるなら難易度ベテランがおすすめ。怖いけど。

今回は対テロがテーマでプレイヤーも職業軍人さんなので、殺らなきゃ殺られる的な危機感や這い蹲ってでも生き延びなきゃ的な恐怖感、戦争自体の悲壮感は薄いです。ただ黙々とテロリストを処理していくあくまでもゲーム的な攻略の楽しさ。殺す意味も殺される意味もよくわかんないし。丁度「プライベート ライアン」と「ブラックホーク ダウン」の違いみたいな。予想はしてたけども。映像のテンションの高さと遊んでる側の温度差はあると思います。僕が日本人だからかもしれないけど。

やってる事は基本的に前と変わんないし、えらく刺激的でとっても面白いのは間違いないです。その点今回は反戦的な重たいテーマは控えめで、ド派手でやりたい放題のミリタリーアクションエンターテイメントに徹していると言えると思います。凡作のFPSだったらそんな事考えもしないんだけど。

操作する人物がシーンによってコロコロ変わるからかな?その点「レインボーシックス ベガス」の方がキャラとわかりやすいストーリーで引っ張ってた分没入感はあった気がします。チームプレイやカバーリングなどのシステムも現代戦に合っていて洗練されていた気がします。とはいえ中盤以降のストーリー展開はかなり刺激的。ちょっとやり過ぎじゃないと思うぐらい。

システムは相変わらず自分が先陣切って進んで、敵の発生と味方の進行フラグを立てないとゲームが進行しないので、後ろに引っ込んでチマチマ撃ってても埒が明きません。でもやっぱり銃弾雨霰の戦火の中、這い蹲って活路を見出し、生き延びて、それでも突き進まなきゃいけないこのゲーム独特のプレイスタイルは相当に怖い。怖過ぎてもう一生遊びたくない。

コナミが担当した2作目のローカライズはとても丁寧で素晴らしかったのですが、今回は最近できたばっかりのアクティビジョンの日本法人が担当している上に、急遽発売が決定して急がされたXBOX360版のローカライズにはかなり心配していました。今回の本家ローカライズに関してはまあ無難な感じ。書体や翻訳もごく無難。誤植は目を瞑ります。

3作目を製作したデベロッパーが既に取り掛かっている次の5作目は、また第二次大戦に戻っちゃうみたい。なんでやねん。という訳で次作は早々とスルー決定。

「コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア」:★★★★★
→公式サイト

投稿者 kojipe : 05:22 PM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/229
コメント
コメントする