December 25, 2007

12月のゲームまとめ。

★Game of December07:「ゴッド・オブ・ウォーII」「アサシンクリード」

今月やっつけたゲーム:
・ゴッド・オブ・ウォー II
・Clive Barker's Jericho
・Soldier Of Fortune: Payback
・アサシン クリード

進行中のゲーム:
・コール オブ デューティ 4(まだ届いてないけど)

2007年のまとめはまたあらためて書きます。
CoD4が終わったらね。

僕は「ケータイ刑事 銭形海」と「王様のブランチ」しかテレビを観ないので、チャンネルは常にBS-iに固定されているのですが、ふとテレビを立ち上げた瞬間、僕のアクオスいっぱいに青木裕子が描画され心臓を貫かれました。あまりにも不意過ぎて。痛い、いたいよーと恋するきもちに酷く心を痛めました。僕にとって恋とは突き刺さる痛み。ちなみに僕の人生に今まで登場した青木裕子は4人、その中で恋した青木裕子は3人。ちなみに裕子と書くゆうこという名前で恋した裕子は5人以上いるかもしれない。ちなみにゆうこまで範囲を広げると裕に20ゆうこは超えていると思う。僕の人生において苗字に黒が付く女性とゆうこという名前は鬼門です。でも今は坂木優子しか頭に浮かばない。と思ったら急に水野裕子を思い出した。

「王様のブランチ」に水野裕子や中越典子が登場した頃って、自分の中ではかなり末期で、やはりブランチの黄金期を飾ったブラン娘最強の布陣は1999年頃にあったと断言できる。年長者でありつつもまだ若かったはしののポジションは変わらないが、ツッコミはしののボケ役だった坂下とのコンビ、時にはボケとツッコミが逆転するフレキシブルなスキルを持っていたダブルエースを筆頭に、天然でマスコット的キャラの安部を突っつくエッチそうなおねいさん田中、ボケで下ネタ担当の友田と理性的でオッサン好きがしそうな雨宮と、面子も絞られていて、それぞれのキャラ立ちがしっかりしており、トークのレベルも高く役割もハッキリしていた。そしてそこに泥酔したタマオが絡むと計り知れないケミストリーが爆発する。この頃一番好きな芸能人と聞かれれば、我思考を介さずに阿部美穂子と断言できた時代でした。水野、中越期もそれなりにレベルが高かったけど、徐々に人数が増えていって単なる賑やかし的マスコットになっていく過程で、次第に興味がチルアウトしていきました。あの頃の水野は無駄な筋肉が無くてとてもえっちな体をしていました。あと山口日記が好きでした。ただ日記という名前の破壊力。しょこたんやめめたんが出てた頃ってほとんど知らなくて、そもそも僕が安めぐみを好きになったきっかけってJ-WAVE深夜のリリーフランキーの番組でリリーさんと熟女マニアの構成作家にセクハラされる天然女子としての認識からでした。あ、あとアイコプッシーってけったいなあだ名だなあとずっと思っていたら、愛子と演歌のコブシでアイコブッシーなのだと最近知った。ちなみにブランチ史上最強のレポーターはと聞かれれば、それは揺ぎ無く友田安紀で、奴を越えるレポーターはもう決して現れないだろうと思っています。そうだ僕はこの一文だけが書きたかったんだ。もう何年も前から。ブランチ黄金期と友田最強説についてはいつかまとめたいと思っていた。とてもすっきりしました。

年末が過ぎて、年明けから当面は取り急ぎ欲しいゲームも無いので、しばらくは散財せず慎ましやかに暮らしたいと思います。もうゲームはたいがいにします。ああでも「ヘブンリーソード」が遊びたいなあ。今一番遊びたいゲームかもしれん。綺麗なおねいさんが魑魅魍魎をぶっ殺しまくるのに評価が微妙なゲームってピンポイントで僕のツボじゃないですか。(N3、姉チャン、バレッチ)綺麗なおねいさんが魑魅魍魎をぶっ殺しまくるのに評価が微妙なゲームということで、「キングダム アンダー ファイアー サークル オブ ドゥーム」も我思考を介さずに買わなければならないタイトルなのですが、これは安くなったら買おう。2000円ぐらいまで粘る。

あと「Rock Band」の収録曲がおっさん泣ける。ギターがストラトなのもかわいくて素敵。(競合の「Guitar Hero III」はレスポールだけど小さいからウクレレに見える)とっても遊びたいけど日本で買ったら高くて手が届かないなあ。とんでもなくがさばるし。でも遊びたいなあ。誰か遊ばせてくれないかなあ。おっさんに「Say It Ain't So」のギターソロを弾かせて欲しい。一人じゃせつないけど。ギターヒーローは選曲がメタル系に若干偏っていて文字通りギター限定だけど、ロックバンドは全パートあるからオンラインでセッションができるんですよ。すごい。そして選曲がモロ70'sアンド90'sロックでおっさんのツボなんだよう。欲しい。ほしいよう。こちらはMTVが絡んでいるだけあって映像も洗練されていて素敵。ハイウェイスターのビデオがアホ過ぎてウケた。必見。

師走的な話は今年のまとめのエントリーで。

投稿者 kojipe : 01:22 AM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/228
コメント
コメントする