November 20, 2007

Half-Life 2:Episode Two


「The Orange Box」収録。XBOX360北米版。日本未発売。
本編のエンディング直後から始まる後編3部作の真ん中2作目。

イベントの流れから本能的にふと目線をやった先で何かが起こっている見せ方の演出法は相変わらず秀逸で先進的。日本のデベロッパーは見習って欲しい。冒頭の鉄橋大崩壊シーンは美しいに尽きます。Sourceエンジンならではのドンガラガッシャンなデストロイギミック満載には当然大満足。あと牧歌的な風景から一転する猟奇的なシーンの見せ方が実に上手い。ていうか怖すぎ。

ただ、本編で話を収束できなかったのは良しとしても、やっぱり引っ張り過ぎな気がします。そりゃあとっても楽しいんだけども、豪快で派手になってるとはいえ実際やってることは本編の復習なんで。ストーリーの詳細までは割とどうでもいいゲームなんで、(英語よくわかんないし)無理矢理引き伸ばして話に決着付けてくれるよりも、元々唐突でわけのわからない始まり方をした本編だっただけに、あの唐突でわけのわからない終わり方で完結させてしまった方が美しかったのかなと思いました。ゆえにこの後編3部作は思い切ってスルーしても良かろうかと存じます。

本編終了後の流れの中では、グラビティガンのみであれこれやりくり謎解きをしながら進んでいく、エピソード1の前半がとてもシンプルで楽しかっただけに、いつもの銃器が出てきた時にはかなりガックリきてしまいました。最後までこの線で行って欲しかった。

実はこのゲーム一番の見所であるかもしれないアリックスおねいさんのよく動くツラを終始じっくり観察できたのはとても満足。今回常に同伴だから。だから銃器はいらなかったのに!

あーだこーだ結構文句たれましたが、
次でポータルデバイスが解禁ならば話は別!

「Half-Life 2:Episode Two」:★★★★☆
→公式サイト

投稿者 kojipe : 10:07 PM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/217
コメント
コメントする