August 22, 2007

Blood Rayne 2

bloodrayne01.jpg
オラ好みはおねいさんだけではなかった!
北米版をプレイ。リージョンコード有り。

日本版も出ている前作は評判が散々だったので、評価が割と良いと知っていながら今作を買うのはかなり迷いましたが、思い切って賭けに出たら大当たり。エロとゴア推しの劣化デビルメイクライ程度の期待で遊んでみたら見事に裏切られた。

敵をザクザクとスパスパと切り刻む血みどろスプラッタはまあ期待通り。おねいさんのコスもモデリングもエロくて上々。モーションもイチイチ素敵。グラフィックも固定アングルならともかく自由視点のアクションでこのクオリティとフレームレートを出せるのは素直に驚いた。でも自分が一番グッときたのはそこじゃなくて。

そこらにあるオブジェクトは概ね破壊可能。物理エンジンを駆使したドンガラガッシャンなデストロイ系のギミックも満載。スパスパ切った敵の部位にも一生懸命物理演算。チェーンを振り回して敵をビタンビタンと無駄にブン投げる遊びも楽しくかなり自分好みの作り。

あと補給等のアイテム的なものが一切無い代わりに、体力が少なくなれば敵の血を吸ったり、銃弾が無くなれば敵の血を還元して補充したりで、バトルに全てが集約されているシステムがシンプルで素敵。最初からほとんどのアクションが開放されていて、出来ることは多いですが、理に適っている分操作系も覚えやすく、最初のステージが丁寧なチュートリアルにもなっているのもあり、すんなりと直感的な操作を習得できる点も優秀。

あー、あと無駄におねいさん系の敵が多いんだな。おねいさん系の敵にしがみついて血をチュウチュウ吸ってハアハアいってんの。キャミのヒモ切られて胸押さえて逃げたりすんの。きゃはははは!!

ローカライズはまず無いと思います。

「Blood Rayne 2」:★★★☆
→箱版紹介ページ

投稿者 kojipe : 10:01 PM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/203
コメント
コメントする