June 08, 2007

F.E.A.R.


これは北米デモ版がナイス編集で非常に良く出来ていた。
事が製品版を遊んでみてわかった。

和製ホラーテイストの恐怖演出と秀逸な敵AIとの攻防が売り物の様だけど、クオリティは高いがそれぞれが交互に自己主張してくる具合で平行線。イマイチ噛み合っておらず、全体的なまとまりに欠ける印象。単に英語が聞き取れなくて話が追えないからかもしれないけど。

それにしてもレベルデザインが凡庸で退屈。ロケーションも地味だし。確かに敵は賢く、イカス身のこなしをする戦闘は文句無く楽しめるし、敵に包囲されてもバレットタイムで時間をスローにして一掃できるギミックも熱い。でもこの戦闘フェイズだけで保ってる感じ。

その間を繋ぐ移動時間を退屈と取るか、絶妙な空白と取るかで評価が変わってくる気がします。恐怖演出もとりあえず序盤だけだし。

で、後半に突入したわけですがここに来て相当面白くなってきた。序盤~中盤は暗いだけのオフィスビルを徘徊するだけだったのが、後半になってはめくるめく展開。依然地味と言っちゃあ地味ですが、シンプルなテロリスト殲滅ものとしては上質。

一貫して猟奇的ではありますが、和製ホラーテイストとか途中からなんだかどうでも良くなっちゃって、ショットガンで敵を撃てば(スローモーションで)木っ端微塵になるわ、レーザーライフルでスナイプすれば丸焦げの骸骨になっちゃうわの血みどろスプラッタで台無し!

出会い頭「スタープラチナ・ザ・ワールド」発動→瞬殺→時は動き出す、というギミックを組み込んだ基本戦法であるので、オンライン対戦には向いてなさそうなゲームですが、オマケで付いてるテロリストハントモードは楽しめそう。スローモーションで飛び散る破片や薬莢と、豊富な敵の死に様モーションは相当に楽しめます。

とはいえラスト2ミッションの演出は秀逸でエピローグの締めも見事でした。プレイヤーの名前が語られず、結局最後まで全く姿を見せない(影のみ)のもこだわりが感じられるし、一貫したゲームの透明感に一役買っていると思います。中盤の単調さに堪えられれば結果的に間違いなく秀作だと思うのですが。でもやっぱり誰もローカライズしてくれないんだろうな。。。

F.E.A.R.」:★★★★
→紹介ページリンク

投稿者 kojipe : 12:35 PM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/178
コメント
コメントする