June 13, 2007

フォルツァ モータースポーツ2


PGR3の経験が活きたということだな!
ステアリングデバイスは使わないという前提で。

僕自身レースゲームは好きなのですが、車自体にそれ程執着や博識も無いペーパードライバーなので、グランツーリスモの様な満漢全席のレースシムは遊ぶ前からおなかいっぱいかつめんどくさい感がありまして、毎回凄いとは思いつつもあまり好みではありません。一方PGRシリーズのような、シム的な挙動をある程度盛り込みつつも、ベクトルとしてカジュアルで気軽に遊べるレースゲームの方が大好きなので、先入観的にGTクローンなこのゲームに対しても、とりあえず少しだけかじってみようかしら程度のモチベーションで接してみたのでした。

それがどうしたことか、GTクローンどころか、必死で追いかけていたつもりが気づいたら飛び越えてしまった感すらある完成度にびっくり。僕がGTで嫌だったアクセス部分が非常に明解に整理されていて、かつ独自の要素(カーダメージ、ペインティング、オンライン要素)も積極的に盛り込み、リアルシム系として難しい部分はあるけれども、アシスト機能も充実していて非常に遊びやすいゲームになっています。とりあえずGTで毎回ホントにうざかったライセンス取得のフェイズをカットして、レースをこなして得られる経験値による様々なロック解除がよりモチベーションを駆り立ててくれます。

レースは勿論、車の購入、カスタマイズ、オークション、オンラインプレイと、できる事はGT以上に多いのに、各々のコンテンツをまんべんなく楽しむことが出来るのは、明解でストレス無くアクセス出来るUI周りの完成度が優れているからだと思います。

レース自体もGTを遊んでいた頃より思いのほかすんなり走れるのは、PGR3を散々プレイして、アナログトリガーでのブレーキとアクセルコントロールを身に付けていたからが一番大きいですが、やはりパットでレースゲームをする際にXBOX360のコントローラーは優れていると思いました。PSのペカペカ丸ボタンではもうレースゲームはできません!

リトライのロードが若干長いですが許容範囲。デフォルトのプレゼントカーでランクの低いカップから片っ端に潰していっている段階で、オンラインプレイもペイント等のカスタマイズも触り程度しか遊んでいませんが、それでも十分元は取れてる程の満足度です。ここまで夢中になるとはおもわなんだ。

市街地コースが少ないのが不満といえば不満ですが、そこはPGRシリーズの縄張りという事で。遠景が美しいサーキットコースだけでも十分な満足感が味わえます。


「フォルツァ モータースポーツ 2」:★★★★


投稿者 kojipe : 12:18 PM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/180
コメント
コメントする