May 06, 2007

レインボーシックス ベガス


ギアーズオブウォーからの流れでプレイしたので、このゲームと共通する「スカッドベース」と「カバーリング」という要素が体に染み付いていたので、割と直感的にすんなりと入り込むことができました。いやいや楽しい。

主人公のローガン君は1,2発被弾すると死んでしまうヘタレリーダーなので、偵察→突入→制圧で1フェイズのこのゲームでは、基本的に部下のマイケルとパク君を突入させて制圧経路を確保しながら進行する作りになっています。この部下2人が非常に賢くて強い。突入時に指定したターゲットは確実に始末してくれますし、たとえ銃弾に倒れても、尻に注射1本で何事も無かったかのように復活します。

キャッチコピーの「おまえの背中はオレが守る」とはよく言ったもので、前衛二人の制圧経路をマーキングしながら、彼らを狙うテロリストを(後ろから物陰から)プチプチ始末していく的構成が、同じような要素を持ちながらガンガン突き進むタイプのギアーズオブウォーとまた違った楽しさがあり、面白いと思いました。

続きは次回のお楽しみ的な結末は食い足りないところがありましたが、二転三転するストーリー展開自体は上質の映画の様に刺激的。(続編も楽しみ)

オンラインプレイも始めました。対戦は外人強すぎなので、COOPのテロリストハントを楽しんでいます。(ネカマキャラ作って)

「レインボーシックス ベガス」:★★★★☆

投稿者 kojipe : 06:50 PM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/169
コメント
コメントする