May 28, 2007

お姉チャンバラ vorteX


半裸のおねいさんがゾンビをズタズタに切り刻むゲームです。
以上!

批評的な事はいいんだ。書きたくない。
全体的にテンポが良くなり、ブッタ斬る爽快感も増した。前作、前々作と回を重ね、出来損ないの落ちこぼれが少しずつ更生していく感じが手に取って分かる。でもまだ定価2千円ゲームの域を脱してないけど。

乳のDOA、尻のランブルローズと不動の二大横綱がいるわけですが、そちらが胡坐を掻いてる隙に一つ突き抜けた感じ。乳も尻も共に素晴らしく作り込まれております。それほど今回のおねいさんのモデリングは素晴らしい。モーションやポージングも物凄く判っている。2回言う、モーションとポージングが物凄く判っている。(ここがバレットウィッチで食い足りなかった部分)

キャラもモデル系、ロリ系、肉感系(外人)と素敵キャスティング。ゲームを遊ぶ上では近すぎて見にくい事仕方ないカメラも、返り血ぶっかかった半裸のおねいさんを鑑賞するにはベストアングルなのです。

とはいえそんなにゲームがダメかと言えばそうでもなく、爽快感もありボタン連打で多彩な技が使えて、どこでもキャラチェンジができるシステムも飽きが来ず良い塩梅。ローディング中のミニゲームも何気に楽しく、ノンストレスで気軽に遊べるので暇つぶしのカジュアルゲームとしては(割と)良く出来ています。キャラの引きが強いこともあり、成長システムも含めて当面モチベーションを保てそう。

しかし長くコツコツ遊ぶとなると、やはり気になる事は(以下文句)、カメラの左右操作がリバースしかない。そもそもキーアサインが変なのにコンフィグが無い。敵を倒してアイテムが出るまでの間が遅いので、いちいちアイテム回収の時間が発生してガンガン進めない。背景や敵の使い回しが多すぎる。墓場、病院、秋葉原だけの世界。マップがわかり難くて散策がウザい。でもすべて目を瞑ります。

キーコンフィグは無いけども、おねいさんのカスタマイズは自由自在なんだよう。地道にゲームを進めてコツコツとコスチュームを増やしていく訳で、鑑賞モードもあり、この手のゲームでは当たり前なのですが、ベースのおねいさんの作り込みが素晴らしいので、こちらでもしっかりモチベーションも保てることと思います。

しかしなー、最初の段階ではコスチュームも無く、エディットモードでは下着だけの状態なのですが、(それでプレイしても良し)下着しか身に着けていない妹キャラの未発育ボディを見て、三十路迎え次第に自分がロリコンにシフトしていく過程をリアルタイムで身を沁みて感じている昨今のわたくしとしましては、なにぶん複雑な心持ちにならざるをえませんでした。

でも主人公の蜷川ギャルは我思考を介さずハッピーに。

「お姉チャンバラ vorteX」:★★★☆(かなり贔屓目)

投稿者 kojipe : 05:58 PM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/174
コメント
コメントする