April 02, 2007

あつまれ!ピニャータ


この手のゲームは「巨人のドシン」と「どうぶつの森」を
超えるものは無いと思っているのですが、コレはコレで素晴らしい!

とりあえず進捗報告なんですが、
庭が広くなり収穫スペースが増えたので、住込みのバイトを二人雇いました。
水やりの若い子(やよい)は珍妙で気の抜けた掛け声を発しつつも、淡々と仕事をこなしているのですが、収穫担当のおばちゃんがかなりのマイペースで、(朝も遅い)一日分の仕事をやり終える事ができない日もしばしば。こっちが種まきに手が回らなく、収穫物が無くなってしまうと、仕事が無く鬱に入ってしまったのか、唐突に日中家に帰ってしまったり、挙動のおかしいまま木陰で動けなくなったりで、仕事ができても回復せず、あげくには庭を荒しに来たキチガイのおっさんと、どこかに失踪してしまいました。。。ていうか、おばちゃん担当のギャザリングのシステムをよく理解していないので雇用者の問題かもしれませんが。。。

プレイ人口が極端に低いゲームと思われるので、攻略情報もほとんど無く、かなり行き当たりばったりの適当な庭造りをしています。このゲームの目玉であるところのなかよしダンス(交尾シーン)はまだミミズしか見ていません。お金に困ったら病気で寝込んだアリのピニャータをスコップで撲殺すると出てくる赤いキャンディーを売って身銭にしています。

与えられた土地でガーデニングをしながら、そこに集まってくる動物(ピニャータ)を観て楽しむゲームなんですが、ピニャータだけでなく、庭を作るのにお世話になる(もしくは群がる)登場人物についても、見た目、挙動言動がいちいち狂っていて、次は何が出てくるのかという楽しみが常にあります。

レア社のゲームの絵ってホントは苦手だったんですが、(「スターツインズ」とか「カメオ」系)ここではそれを吹っ飛ばす、正気で作ってるとは思えない、(ジャンキー!?)狂気とも言える神がかったデザインがトータルにディレクションされていて、本当に素晴らしいとしか言い様が無いです。

ヘルプやチュートリアルも段階的で丁寧、かなり大胆なインターフェイスの割に、操作も直感的で非常に遊びやすく、ついつい時間を忘れて遊んでしまいます。

「あつまれ!ピニャータ」:★★★★☆


投稿者 kojipe : 11:50 AM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/164
コメント
コメントする