December 03, 2006

Wii:ファーストインプレッション。

Wiiを発売日ゲットできたよ。寒空で痛めた腰が痛い。

「本体周り」
センサーバーが思ったより小さく目立たないので安心したのですが、赤外線感知のせいか、障害物にかなり弱いです。モニタの前を猫が通り過ぎる度にカーソルが吹っ飛んでいきました。本体は横に薄型のPS2を並べているせいか、意外とゴツいです。パッケージはセッティングステップごとに内箱が分けられていて、なんだかアップルのPCを買った時の気分になりました。
たった一つの難点は、GCを遊ぶ際の、上の蓋がパカッと開けっ放しの状態がかなり情けない。


「UI周り」
シンプルかつ直感的でわかりやすく、リモコンを使う楽しさがあります。カーソルがロールオーバーした時にリモコンにクリック感のある振動が伝わるので、非常に気持良く直感的な操作ができます。「まわるメイドインワリオ」の時も本体を回した時にダイヤルクリックの振動がありましたが、あんな感じの気持よさです。経験が活きているな。
任天堂製ハードにしては画面遷移に微妙な間があって割ともっさり動きます。チャンネルはまだオープンしていないものが多いですが、「似顔絵チャンネル」と「ショッピングチャンネル」には今時のオンラインゲームサイトのビジネスモデルの根底を覆すポテンシャルがにじみ出ていて、個人的に危機感を感じてしまいました。ていうか任天堂に就職したい。


「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」
Wii版1時間、GC版3時間程プレイ。自分はゲームをする時、床にベタッと座ってモニターにかなり近い距離でプレイするので、それだとWiiリモコンをモニタに向けるポインタ操作に移った時の右腕の動作が大きく、しかも近すぎるとリモコンが認識してくれない事が多いので、長期間遊ぶとなると、やはりGC版の方がじっくり落ち着いてつき合えそうな気がします。画質の差は無し。Wii版は単純にミラーモードになっているだけでした。でもリモコンから効果音がでるのはいいなあ。Wiiリモコンの操作感をじっくり楽しみたいとなれば2周目をWiiでプレイするのもアリかも。(そんな時間無いですが。)

導入部分はなんだかスクエニのRPGみたいで淡白です。やはり「時のオカリナ」の導入部分は超えられません。グラフィックの質感は「時のオカリナ」→「ICO」→「FFXI」→「ワンダと巨像」の流れの正常進化と行った感じで、独特の空気感というかシズル感があります。クリーチャー等の造形は相変わらず独特ですばらしいです。

リンクが狼になり、ミドナが登場しましたが、現時点ではまさに筆おろしの無い「大神」みたいなトホホな状況になっています。天照とイッスンほどベタなボケツッコミのコンビにはならなそうですが、今後の展開が楽しみではあります。

ハウメニーメニーいい顔オンパレードなキャラ。この辺は「ゼルダ」か「シェンムー」か!の神がかった仕事をしっかり継承しています。リンクを慕うホモっぽい少年とか、みっだくないキューピーみたいな幼児とか、「木刀貸さねえとここを通さねえ!」とかいうガキとか、シリーズ共通の行間に隠れた毒気の部分がしっかり継承されていて安心しました。やはりチンクルは出てくるのでしょうか?


次回は「Wii Sports」と「似顔絵チャンネル」で。
あ、あと「バーチャルコンソール」も。

投稿者 kojipe : 10:10 AM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/128
コメント
コメントする