November 27, 2006

ゼルダの話で自問自答葛藤してみる。

Wii発売まで一週間を切りました。

ローンチタイトルで一番楽しみなのは勿論『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』かと聞かれれば、
実際はそうでなかったりします。

はっきり言って重いのだ。
この20数年ゲームを遊び続けてきたゲームオヤジともなると、クリアするのに50時間も60時間もかかるゲームと事前に知らされると、それだけでひどい胸やけがしてくるのです。遊ぶ前から面倒くさい。
もう『時のオカリナ』から8年も経っているしあの頃僕は若かった。90年代のゲームはあそこで頂点に登り詰めて、同時に僕の中でゲームにおける何かが終わった気もしています。

そこで2006年になって、
今回の制作者がインタビューで「今回のゼルダは『時のオカリナ』のボリュームを超えてますよ〜!」
なんて言われると、そこには確実に萎えてしまっている自分がいたのです。

『時のオカリナ』の時にミスター宮本が、
「クリアするのに50時間かかるゲームより、気づいたら結果的に50時間も遊んでいた、と思わせるゲームが理想。」
とおっしゃっていたが、『時のオカリナ』はまさにそんなゲームだったし、同時にそんなゲームに全身で没頭できる自分がいました。


あの頃より僕は大人になって忙しくなった。
ゲームだけじゃない。
CDを買わなくなり、服を買わなくなり、街に出なくなり、
とにかくいろいろな事から興味を失い続けている自分がいる。
それは単に時間に対する心の余裕がなくなってしまったという事?
これがまさにおっさんになるという事なのか???


話戻す。
『風のタクト』は中盤で止めてしまったし、『スーパーマリオサンシャイン』も序盤のみ。ドラクエも7、8と最後までプレイできませんでした。『大神』はヤマタノオロチを倒した以降やる気を無くしました。。FFシリーズだけはなぜかクリアしているが、
ともかく今は90年代の文脈を引きずっている超大作にはまるで没頭できなくなっている自分がいる。


とどのつまり僕が言いたいのは、
『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』は、僕の今の解釈では、
Wiiの一番最初のゲームではなくて、(結局64のリメイク専用機で終わってしまった)ゲームキューブの一番最後のゲームだという事です。

なので今回のゼルダはたぶんキューブ版で楽しむと思いますよ。
やっぱりリンクは左利きだしさ。

投稿者 kojipe : 01:30 AM | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL
http://trial.sub.jp/mt-tb.cgi/124
コメント

新作の前に「風のタクト」の続きやろうと思ったんだけど、先走ってキューブ本体売っちゃったんだよね、僕。今後の予定としてはとりあえず「大神」を終わらせて、タクトとトワプリを同時進行かなー。

投稿者 kojipe : November 28, 2006 04:14 PM

うーん同意っすっす。
最近のゲームってどうにも無駄に時間がかかるっつうか、
やらされてる感のあるゲームが多い気がするんですよね。

それ全部無視してクリアしちゃえばいいって話なんですけどね、
でもなんかそれやらないのも悔しい感じしまっする。

ある程度進めてなんか途中でお腹いっぱいになっちゃってそのままフェードアウトしちゃうゲームが多いんですよなぁ。

投稿者 つんの助 : November 27, 2006 07:38 PM

めちゃくちゃ同意だぜ、兄弟!

でも、ぼくは「風タク」はちゃんとクリアしています。
思い返してみたら、そんときは無職でした。:$
記憶が正しければ、それが最後に遊んだ(オフラインの)RPGです。(DQもFFも暫く買っていません。)

「トワプリ」もやってみたいと思う一方で、ちゃんと最後まで付き合えるのかという不安の方が大きいです。

投稿者 yoppy : November 27, 2006 05:56 PM
コメントする